2013年05月12日

12日 テレビ和歌山 映画ファイナル・ジャッジメント

連日にわたって、チャイナ、中国の新聞が「沖縄は中国の領土である」と、報じています。
沖縄を取れば、尖閣はおまけで付いてくるのです。

中国は尖閣諸島をチベットやウイグルと並ぶ、核心的利益としました。
占領して自治区にする気満々です。えらいことやっしょ。

そんな中、5月12日(日)19:54からTV和歌山で、映画『ファイナル・ジャッジメント』が放送です。

日本奪還をメッセージとして、アジアの大国(中国を想定)に占領されてしまうシナリオです。
近未来予言映画です。



戦争放棄の憲法をまもって国が滅ぶ可能性もあります。


三浦孝太さんいい味出してますw



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。